calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives








お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
予想ネットで無料でポイントをためて現金やギフトコードに交換しよう

益子春の陶器市

ゴールデンウィーク真っ只中の5月3日、益子春の陶器市へと行ってきた。

陶器市には何故か多くの人のハートを鷲掴みにする威力があるようで、老若男女と満遍なく各世代を集客する盛況ぶりだった。

何てったって、益子へ向かう真岡鉄道の乗り換え駅下館では乗り換え時間に余裕があったはずなのに、乗り換え客の切符の販売が追いつかなったので、益子駅で降りてから買う為の整理券が配られていたのだから凄い。

真岡鉄道下館駅
【発車直前の切符売り場の行列と趣味の悪い塗装の車両】

フリー切符
【切符の購入整理券を渡される】

陶器市への乗客で満員に膨れ上がった2両編成の趣味の悪い塗装の車両から表を見ていると、益子へ近づくとともに併走している国道294号線も渋滞が始まり、10時頃には陶器市会場の駐車場は既に満車になってしまっていた。

益子駅
【ローカル線と言えど立派な益子駅】

IMG_8319.JPG
【巡回バスもあるが開場まで1キロほどを散策がてら歩く人も多い】

IMG_8331.JPG
【駐車場は早々と満車に】

陶器市の会場は街中のメインストリートと数ヶ所の広場で構成されており、陶器以外にも様々な屋台が出店していて、焼鳥だの焼きそばだのカレーパンだのソフトクリームだの、挙げ句の果てには生ビールだのと、陶器市を中心としたお祭りという感じで、楽しげな雰囲気に包まれ賑わっていた。

IMG_8359.JPG
【大勢の老若男女で賑わう会場】

IMG_8327.JPG
【人気を集めてた猫の置物】

IMG_8339.JPG
【スキあらば坂道の途中にも出店する屋台】

中でも一番目を引いたのは、会場の中心に鎮座ましましている巨大なタヌキの置物で、多くの人が記念写真を撮っていた。
このタヌキは信楽焼のタヌキとはちょっと違っていて大福帳は持っていないが、あとは概ね同じように作られているので、当然アレも巨大に作られている。
それなのに、若い女の子もキャッキャ言いながら記念写真を撮っているんだから、微笑ましいのか何なんだかよくわからないのであるが、みんな喜んでいるんだから、多分これはこれでいいのだろうと思う。

IMG_8350.JPG
【陶器市会場一番人気の巨大タヌキ】

陶器市でめぼしいものが見つからなくても、屋台で適度に飲み食いして巨大タヌキの焼き物を目に焼き付ければ、それなりに満足のいく小旅行になるのは間違いない。
首都圏近辺に住んでいるなら一度は行ってみる価値がある催しだと思う。
ホント楽しいよ〜


【楽しい陶器市の様子「益子春の陶器市2016/05/03」】

IMG_8367.JPG
【陶器市会場へ向かうバス 料金は100円】

JUGEMテーマ:地域/ローカル



【車窓への旅】春色の汽車〜小湊鉄道トロッコ列車2016/04/02

寒い日と暖かい日が繰り返し少しづつ春めいてきた今日この頃、春を感じに小湊鉄道沿線の朴訥とした風景を眺めに行こうと、久々に小湊鉄道のHPを覗いたらトロッコ列車が運行されているので驚く。

とうとう、小湊鉄道も観光列車を運行するようになったのかと、改めて調べてみると2015年の秋から運行していたらしい。

これで、小湊鉄道の列車にもボックス席の車両ができたので、既存のロングシートの車両に比べて車窓風景もより楽しめるようになったのは大きい。

鉄道を使った旅行の楽しみは何と言っても、移りゆく車窓風景を眺めることが一番なのだから。

里山トロッコ号の時刻を調べてみると、里山トロッコ号は五井ではなく、何故か上総牛久発なので、上総牛久まで行って乗り換えなくてはならない。
里山トロッコ1号は8時29分発なので、それに間に合わせるには五井発7時54分発に乗るのが一番スムーズだが、上総牛久着が8時21分と余裕は8分しかない。
8分だと機関車やトロッコ車両の撮影をして、窓際の眺めの良い席が確保できるかどうかは非常に微妙な気がする。
よって、1本前の7時3分発に乗る方が安心できる。この列車だと上総牛久着が7時37分だから約50分の余裕が持てるし、早めにトロッコ列車がホームに入線すれば、接続列車から乗り換えるより良い席が確保できるのは間違いない。
問題は五井7時着の内房線で7時3分発に間に合うかどうかだ。

とりあえず、里山トロッコの予約を4月2日の1号にしたものの、気温が低いとキツいという軟弱な理由で窓付き車両を選び、窓無しのトロッコ車両を回避する。

4月2日当日7時、五井駅に到着した内房線の車両は長い編成のせいもあり、小湊鉄道との乗り換えの跨線橋より大分離れた所に止まって焦る。
最初から想定外の事態が持ち上がり、3分の乗り換え時間に間に合わせるためにぜーぜー言いながらダッシュして、小湊鉄道の乗り換え口に到着し、券売機にお金を投入していると、無情にも発車ベルが鳴り響くではないか。
泡を食いながらも乗車券を何とか買い求めて、転がり落ちるように階段を下りてバタバタと車内に駆け込む。
しかし、席を探し当てて落ち着いてもまだまだ延々と鳴り響いている。
こんなことなら、慌てなくても充分に間に合ったのに人騒がせな発車ベルだなとブツブツ文句を言っているとようやく発車する。

五井から上総牛久まではまだ里山という雰囲気ではなく、普通の関東ローカル的な景色の中を走り、上総牛久から里山の雰囲気が出てくる。
それゆえ、五井ではなく上総牛久を始発駅に設定したのかと思ったのだが、土日の3往復設定だと五井じゃキツいから上総牛久にしたんだろうな(あくまで推測です)。

約30分ほど、ありきたりの関東ローカルな景色を走った小湊鉄道のキハ200は上総牛久に到着する。
上総牛久で予約していたトロッコ列車の整理券を購入しようとしたが窓口が開くまで少し待つ。
8時頃になると、五井方面から蒸気機関車風ディーゼル機関車に牽引されたトロッコ列車がやってくる。

IMG_8077.JPG
【上総牛久駅に入線する里山トロッコ号】

トロッコ列車の入線と共に改札が始まり、上総牛久で待っていた十数名の乗客がとりあえず席を確保して(トロッコ列車は全席自由席)、記念写真を撮り始める。

IMG_8090.JPG
【蒸気機関車風ディーゼル機関車】

IMG_8088.JPG
【最後部の車両】

IMG_8082.JPG
【展望トロッコ車両】

そうこうしていると、接続列車がたった1両で満員の乗客を乗せて8時21分に到着。
比較的静かだったトロッコ列車は途端に賑やかになり、後から来た人達が席の確保と写真撮影でバタバタしだして、落ち着いた頃に発車ベルがなる。


【里山トロッコ号で菜の花を観賞〜小湊鉄道2016/04/02】

上総鶴舞や里見の駅舎が見える進行方向左側に席を取ると発車早々墓地が見えるナイスロケーション。
はは〜ん、幽霊列車のサービスとは粋な計らいじゃねーか小湊鉄道よ、と感心しながらトロッコ列車の旅は始まる。

IMG_8098.JPG
【展望車も窓付き車両も天井は開放的だ】

トロッコ列車は始発の上総牛久から終点の養老渓谷までの停車駅は里見だけだが、扉が開かないだけで途中駅の所々に停車していく。
だから、各駅の様子がしっかり見られるのだが、次の上総川間駅の駅名標が「かずさかわま」ではなく、「かづさかわま」と誤表記のまま放置されているのが物悲しい。
しかも、この駅は氷川きよしのPVにも使われているのに。

その次の上総鶴舞はドラマやCMのロケ地として小湊鉄道では一番使われている駅で、人気ドラマ相棒の舞台にもなった。
駅の先が右側に緩やかなカーブを描いているから、駅の向こうに曲がっていくキハに桜と菜の花が文字通り花を添えている写真が撮れるので、春にはカメラマンの姿が目立つ駅でもある。

次の上総久保と、その次の高滝の間は田植え前の水を張った水田が鏡のように車両を映すので、ここも田植え前の時期にはカメラマンが目立つ。

高滝の次はトロッコ列車唯一の停車駅里見で、ここでは飲食物が多数用意されているのと反対方向から来る列車とのタブレット交換があるため停車時間が長いので、ホームの簡易販売所は客で賑わう。

IMG_8094.JPG
【トロッコの客で賑わう里見駅ホーム】

飯給、月崎、上総大久保とそれぞれ撮影地としてカメラマンで賑わう駅を過ぎると、上総大久保と終点の養老渓谷の間には菜の花が咲き誇る広々とした場所を通るが、ここが一番有名な撮影スポットなのでカメラマンの数がハンパない。
中には菜の花が咲いている場所にズカズカ踏み込んで、肝腎の菜の花を踏みつけて撮影する不心得者がいるので、大きな問題になっている。
いすみ鉄道の社長もカンカンだぞ。

IMG_8099.JPG
【ここ以外にもカメラマンが大量にいた】

というわけで、約1時間の楽しいトロッコ列車の旅を満喫した乗客達は、養老渓谷の粟又の滝を目指したり、次の列車で上総中野からいすみ鉄道へ乗り継いだり、それぞれ観光地巡りにいそしむのであった。

粟又の滝は空気が澄んでて、良かったよ〜。

IMG_8103.JPG
【粟又の滝は空気が澄んでいる】

全区間の車窓風景はこちら


【里山トロッコ】上総牛久ー養老渓谷間車窓風景・小湊鉄道里山トロッコ1号2016/04/02

JUGEMテーマ:鉄道

さよなら佐原商店〜秋田のレトロ自販機スポット

秋田の自販機マニアの聖地佐原商店が3月末で廃業するという。
店主が高齢で後継者もいないことが廃業の理由らしい。

IMG_4331.JPG
【秋田のレトロ自販機スポット佐原商店】

佐原商店はネットで密かなブームだったレトロ自販機業界の中でも有名だったが、去年(2015年)3月にNHKの「ドキュメント72時間」で放映されて、さらに人気が高まっていたところなので、テレビでも閉店のニュースが多く見受けられた。


【佐原商店〜秋田のレトロ自販機スポット2015/11/06】

IMG_4341.JPG
【テラス席だってちゃんとあるんだぜえ、ワイルドだろう?←古いなあ、オイッ!】

近年は、レトロ自販機スポットがテレビでも紹介される機会が増えたので、東京から近い埼玉や群馬のレトロ自販機スポットは、けっこうな賑わいを見せているが、秋田の佐原商店は遠くからの客はもちろん、地元の常連客もかなり多いので行列ができたりする。
何せ、近くの秋田臨港警察署の署長さんまで常連さんだというから大したモンだ。

IMG_4328.JPG
【500円玉を入れると戻らないことがあるというスリルも味わえるイカしたマシン】

IMG_4330.JPG
【懇切丁寧な注意書き。うりきれ点灯時は気をつけよう】

IMG_4334.JPG
【テリヤキとチーズの2種類が楽しめるハンバーガー自販機】

IMG_4333.JPG
【ボタンの文字は判読不能】

佐原商店のレトロ自販機は、うどんそばの自販機とハンバーガーの自販機の二つがあって共に人気だが、特にうどんそばの自販機は人気が高い。

IMG_4344.JPG
【けっこういけるうどん。天ぷらは食べかけ】

IMG_4340.JPG
【汁継ぎ足し放題】

IMG_4342.JPG
【七味だってかけ放題】

IMG_4322.JPG
【ハンバーガーは地元の業者さん製造だ】

自分は2回行っただけだが、昼はもちろん夕刻でも客は次々とやってくる。
店の前の道路の通行量もけっこう多いので気軽に立ち寄りやすいのだろう。
もっとも、売れ行きがいいということは補充やらメンテやらで、付きっきりで様子を見なきゃなんないってことだから大変だっつーこと。

IMG_4336.JPG
【店の前の道路の交通量は意外に多い】

佐原商店への交通アクセスは意外に良く、すぐ側の秋田ポートタワーセリオン行きのバスが秋田駅から出ているし、奥羽本線の土崎駅からも徒歩15〜20分くらいなので、朝イチの新幹線で来れば、東京からでも午前中に到着するというチカラ技を使える。

IMG_4308.JPG
【最寄駅の土崎へは奥羽本線で秋田駅から一つ目。男鹿なまはげラインの気動車も通る】

IMG_4310.JPG
【なかなか小奇麗な土崎駅】

IMG_4319.JPG
【ポートタワーセリオンが見えてきたらもうすぐだ】

IMG_4335.JPG
【店内では「あきたこまち」も売ってる】

報道では、店主は自販機を引き取ってくれるところを探しているそうだが、早くも全国から問い合わせが殺到(かな?)しているというので、自販機の再就職先は早く見つかりそうだ。

創業が昭和33年で、昭和46年に現在地に移転してうどんそば自販機を設置したということは、創業してから58年、レトロ自販機を設置してから45年の歴史を重ねたということになる。

その歴史の幕を閉じることになるというのも感慨深いことかと思う。
佐原商店はレトロ自販機ブームの立役者の店のひとつとして、これからも多くの人の記憶に残っていくだろう。
さよなら佐原商店、本当にお疲れ様でした。


【佐原商店に行ってみた〜秋田市のレトロ自販機スポット2015/06/28】


【車窓への旅】羽越本線、青森、花輪線(2)2016/02/01

2月1日早朝、急行はまなすの青森駅到着6時19分に間に合うよう5時半過ぎにホテルを出ると、細かな雪が夜明け前の青森の街を白く染め上げ降っている。

青森に入線してきた急行はまなすの最後尾の車両のテールマークの文字もおぼろげな程度に、雪は車両にも降り積もっていた。

IMG_7566.JPG
【はまなすの最後尾。雪が積もっている】


【急行はまなす青森駅到着から回送まで】

6時52分、はまなすの到着した3番線と同じホームの4番線から普通列車に乗って大館に向かう。

大館に8時38分に到着し、9時17分発の花輪線盛岡行きを待つ間に、大館の名物駅弁「鶏めし」を探すが見当たらない。

IMG_7573.JPG
【大館駅】

諦めて駅の隣のニューデイズというJR東日本系列のコンビニにおにぎりかサンドイッチでも買いに行こうかと入っていくと、お目当の「鶏めし」が売っていて胸を撫で下ろす。
一昨日も食べたばかりだけど、また食べたくなるほど美味しいのと、ここで食料を調達し損ねると終点の盛岡まで何も食べられないからホッとするが、コンビニで売っているとは意表を突かれる。

IMG_7587.JPG
【シンプルだけど、美味しさには定評の鶏めし】

大館を定刻に発車した盛岡行きは、約3時間かけて12時15分に終点の盛岡に到着する。
花輪線は大館から盛岡まではずうっと山の中を走るので風景の変化には乏しいが、3時間たっぷり雪景色を楽しめる路線でもある。


【末広駅付近では吹雪いていた】

途中の十和田南駅ではスイッチバックも楽しめるが、急勾配でもない平坦な場所でスイッチバックになっているのは、線路の行き止まりの先に新線計画があったためだそうだ。


【スイッチバックの十和田南駅へ】

十和田南で進行方向の変わった列車は、湯瀬温泉で乗り込んできたオバさん4人組の所為で騒がしいまま盛岡までの苦難の道を強いられる。
松尾八幡平辺りでは岩手富士とも呼ばれる岩手山が進行方向右側に姿を現す。


【花輪線車窓から見る岩手山】

大館からしばらくは降っていた雪もこの頃には止んで晴れ上がり、強い陽射しで列車の中にいても汗ばむほどになり、好天のまま盛岡に到着する。
花輪線は盛岡の数駅手前の好摩までで、好摩から盛岡まではIGR岩手銀河鉄道を走る関係上、盛岡駅ではJR東日本のホームではなく、IGR岩手銀河鉄道のホームに到着するので、JRへの乗り換えが面倒くさい。
とりあえず、乗車予定の14時50分のこまち22号まで時間があるので、盛岡バスセンターと盛岡城の城跡へ行く。
盛岡城の城跡でのんびりしすぎたせいで新幹線の時間に遅れそうになるが、市内を100円で走ってるバスがちょうどやって来て何とか事無きを得る。

盛岡からは東京までは2時間ちょっとと呆気なく着いて東京駅の雑踏にまぎれると、今朝方出発した筈の青森駅が遠く懐かしく思えて不思議な感覚になる。


【【豪雪】大館ー盛岡間車窓風景・花輪線2016/02/01 】

JUGEMテーマ:鉄道

【車窓への旅】羽越本線、青森、花輪線(1)2016/01/31

冬の上越新幹線は憂鬱だ。
一番後ろの席を指定して乗ると、ほとんど必ずと言ってもいいほど断りも無くスキー板や荷物が席の後ろに置いてある。
勝手に荷物を置かれると、リクライニングは効かないわ、倒れたスキー板やキャスターで移動する荷物の持ち主と勘違いされるわと甚だ迷惑だ。
だから、持ち主がわかれば撤去させ、わからなければ車掌に言って持っていってもらう。
不安定なスキー板が倒れて、通りかかった乗客に当たればケガをする可能性がある。
ましてや子供だったら大ケガどころか打ちどころが悪ければ死んでしまうかもしれない。
そんな、無知で自分勝手なスキーヤーにほとほとウンザリさせられて、憂鬱な気分になる。

しかし、だからと言って、スキーヤーの所為ばかりにもできない。
元はと言えば、JRスキーとか言ってコマーシャルをバンバン打って、スキーヤーを呼び込むだけ呼び込んでおいて、荷物対策をおざなりにしているJR東日本も悪い。
一般客も迷惑だが、スキー客だって、荷物置き場が少ししかなければ困るのは当たり前だ。
そんなことは火を見るよりも明らかなはずなのに、毎年、毎年、ロクに対策を立てずにいる。
スキー客を呼び込みたいなら、それなりの満足度の高いサービスを提供すべきなのだ。
いっその事、スキー持ち込み料金を取って、スキー客専用のスキー置き場付き新幹線を作って運行すればいいのにと思う。

と、プンプン怒りながら、東京駅6時7分発上越新幹線とき301号に乗り込み新潟からいなほに乗り秋田経由で角館を徘徊して盛岡から青森を目指す。


【東京ー新潟間車窓風景・上越新幹線とき301号2016/01/31】

例によって、上越国境の長〜いトンネルを抜けると毎度お馴染み雪国がこんにちわする。

20160201060443(1).jpg
【リゾートマンション群がお出迎えしちゃう、雰囲気ブチ壊しの雪国】

しばらく越後平野の積雪を眺めていると、終点の新潟駅へはあっという間に着く。
橋上駅舎に工事中の新潟駅で羽越本線の特急いなほ1号に乗り換え、秋田まで日本海沿いに北上していく。

20160201060443(2).jpg
【右側の派手な塗装がいなほ】

いなほは曇り空の中を北へ向かい、村上の先から五十川辺りまで1時間ほど日本海に沿って走る。
しんしんと降る雪だとか、晴れ上がった空の下で輝く雪だとかの風景には一向に恵まれないまま、曇天の荒れ具合も今ひとつの海を眺め秋田まで3時間半揺られる。


【新潟ー秋田間車窓風景・羽越本線いなほ1号2016/01/31 】

IMG_7482.JPG
【冬の暗く重い空の日本海】

途中、秘境駅と言われる女鹿を通ると駅舎の辺りを工事している最中だったが、駅舎が雨漏りでもしたか、ホームへの通路の舗装でもしてたのだろうか?
秘境駅で工事というんだから、よっぽどの事情があるに違いない。


【工事中の秘境駅女鹿。スロー撮影】

そんなこんなで、12時4分定刻に秋田に到着。
秋田から乗り換え時間9分で、12時13分発の新幹線で角館へ向かうが、秋田新幹線のホームは地平なので他の新幹線の駅よりスムーズに移動できるから、9分あれば充分に乗り換えられるのだ。

秋田からシートとは逆方向に列車は向い、次の大曲でようやく前方に進んで、このまま東京まで向きは変わらない。

秋田から約40分、雪景色の中を走った新幹線は角館12時56分到着。

早速、駅から武家屋敷通りへ向かうが、思い描いていた銀世界という感じではない。

IMG_7492.JPG
【白さが不足気味の雪景色】

雪は積もっているものの、道路や樹木の白さが足りない。

IMG_7497.JPG
【武家屋敷通りに不似合いな2ちゃんねる風AA雪だるま】

この時点で、角館ではなくレトロ自販機の佐原商店へ行くべきだったと後悔するが後の祭り。
急いで駅へ戻り、角館発13時50分の新幹線で盛岡へ向かう。
角館着が12時56分だったから、たった54分しか角館に滞在してない。
我ながらいったい何をしているのかと自責の念に堪えない。

盛岡に14時48分に到着し、15時37分発の新青森行きを待つ。
この時点でほとほと疲れ果てて、青森のホテルをキャンセルして盛岡で泊まりたくなるが、ここで盛岡に泊まると明日のスケジュールがめちゃくちゃになる。
早朝の急行はまなすの青森到着シーンも撮りたいし、青森の美味しいものを食べたいと気持ちを奮い立たせて、16時43分新青森到着。
青森への乗り換えは16時53分発函館行きの特急スーパー白鳥21号だが、青森までは特例で特急券無しで自由席に乗れるので、青森に着いたらほぼ満員の自由席はガラガラに。
新青森からたったひと駅6分間の乗車だけど、車窓から暮れかけた青森の雪景色を見ていると遠くへ来たという実感が増してきて、夕暮れ時の旅情が深まってくる。


【新青森ー青森間車窓風景・奥羽本線特急スーパー白鳥21号2016/01/31 】

青森に16時59分に到着すると、一昨日とは違う駅前のホテルに早々にチェックインして、明朝の急行はまなすの到着に備える。
ホテルの部屋に入ってすぐに、大浴場に直行すると誰もいず、貸切状態で湯船に浸かって疲れを取る。

疲れを取って温まったら、当然腹が減るので街にフラフラさまよい出す。
もっとも、さまよい出すと言っても、事前に調べていた店に行くだけで、それもホテルから100メートルにも満たない距離だから、あっという間に着く。

調べてきた店は「お食事処おさない」という、帆立が美味しいと評判の食堂で、帆立の写真の大きな看板が目立つ。

ここでは、ビールと帆立フライ定食を頼んだが、あまりの美味しさに刺身やら地酒やらを追加してしまった。
書くと長くなるので別の記事でアップしようと思う。

IMG_7533.JPG
【帆立の貝柱のフライ。柔らかくて美味しい】

おさないで腹一杯食べてホテルに帰ったものの、青森駅の売店で購入した「すり身揚げ」が食欲をそそるから、ついつい、ホテルの自販機でビールを買って晩酌の続きをする。

IMG_7563.JPG
【かなりイケるすりみ揚げ】

しかし、明日の朝は急行はまなすの青森駅到着を撮影して花輪線に乗りに行くので、5時前に起きなければならないので、早々に切り上げ大浴場で温まってから就寝。

翌日へ続く。
JUGEMテーマ:鉄道



<< | 2/57PAGES | >>