calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

archives








お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
予想ネットで無料でポイントをためて現金やギフトコードに交換しよう

車窓への旅〜三江線廃止前の晩秋の旅2/3〜広島から新山口、浜田、江津

2日目の朝は4時半に起きて早めに駅へ向かうが、意外な寒さに昨夜ユニクロで買ったVネックセーターが早速役に立つ。

直前になって計画変更したために、乗車券をみどりの窓口で変更してもらい、新幹線とスーパーおきの乗継特急券を新たに購入して新幹線に乗り込む。

新幹線は6時43分発鹿児島中央行きさくら451号で、新山口には7時17分に到着。

新山口発特急スーパーおき2号が8時52分発なので、のんびり駅周辺でも散策しようかと思っていたら、広島以上の寒さに待合室に釘付けになる。

広島や山口は瀬戸内海に面した温暖な気候と勝手にイメージしていたので、関東より寒くなるとは思わなかった。

約1時間半の待ち合わせの時間でやったことは、平成元年に泊まったことのあるホテルアルファーワンを駅から見たことと、スーパーおきの自由席券を指定席券に変えてもらったことだけで、ぼんやりと過ごす。

3両編成のスーパーおきは定刻8時52分に新山口を発車し、山口の平凡な田園風景をしばらく進むと、津和野で進行方向左側に太皷谷稲成神社が見えてくる。

太皷谷稲成神社は千本の鳥居が連なり、車窓からもその様子が見えるので、山口線の車窓で一番のハイライトの区間だ。


【車窓から見る太鼓谷稲荷神社】

津和野から益田までは特に車窓で目立つところは無いが、益田からは日本海に沿って走るので
浜田までは日本海の青い海と赤い石州瓦のコントラストが鮮やかな区間が続く。


【益田ー浜田間の車窓 青い海と石州瓦】

浜田には11時2分に到着し、11時53分発浜原行きを待つが、伝え聞く三次の混雑ぶりとは対照的にホームには自分以外誰もいない。
そのうち、地元の若い人や三江線目当てと見られる熟年夫婦がポツポツと現れるくらいで、浜原行きの気動車が入線してくる頃でも10人くらいだった。


【浜田に入線してきた浜原行き三江線】

そんな調子で、浜原行きはごく普通の長閑なローカル線という趣きで、のんびりと車窓を堪能し江津に到着。


【浜田ー江津ー因原 車窓風景】

江津には12時19分に到着し、34分に発車するのでホームに出て三江線の車体を撮影したり過ごしていると、少しずつ乗客が増えて席はほぼ埋まる。

江津を出るとすぐに左車窓は広々とした江の川になり、しばらくは川沿いを進む。


【滔々と流れる江の川】

三江線は山陰の島根県江津市から山陽の広島県三次市まで走るが、分水嶺を越えないのでほとんどを江の川に沿って走る。

三江線は区間別に分けると、江津から浜原までの旧三江北線と口羽から三次までの旧三江南線はほとんどを川沿いに時速30キロ代でのろのろ走るが、浜原から口羽までの新線区間はトンネルで山をブチ抜いて走るから、非常に高速で走る。

もっとも今日は、浜原まで行かずに途中の因原で江津に引き返すので、今日は終始のんびりとローカル線に揺られる。

江津から因原まではほとんどを江の川沿いに走るが、蛇行する川に沿ったり、短いトンネルを抜けたり、江の川を渡る橋が見えたり、河川氾濫時に閉めるための陸閘門を通ったり、どこかのテレビ局がテレビカメラを回し始めたり、女子アナが駅にいたり、並行する道をカメラを回しながら車で並走したりと、退屈どころか盛りだくさんで飽きはしなかった。というか、テレビ局邪魔だなあと思っているうちに因原に到着。


【テレビ局が車で並走してくる】

因原は三江線沿線の中でも、駅周辺に道の駅やコンビニなどがあって、賑やかな部類の駅に入る。

三江線沿線で町らしいのは、江津と三次以外では、因原と隣の石見川本と粕淵と浜原と川戸くらいのもんで、あとは商店が見当たらないような所ばかりだから、食事や買い物には難儀する。

鹿賀にはコインレストランかわもとというレトロ自販機の置いてある所があるが、マニア以外にはおすすめできないかもしれない。

レトロ自販機マニアは、うどんとラーメンの自販機目当てに全国各地から集まっては来るけれど。

因原で写真をバシャバシャ撮っていると、ほどなくして江津行きがやってくる。

江津行きは2両だけど、席は埋まっているので立って外の景色を眺める。

立っていた場所は2両目の先頭なので1両目の窓との隙間から車窓を眺めるが、バックミラー越しに流れていく車窓を眺めるのもなかなかオツなものだ。

車窓を隙間から眺めていると、1両めの後ろの窓にカメムシが張り付いている。

こんなもんが車内に入ってきたらたまったものではないので、何かの拍子に車内に入らないように祈る。


【窓にへばりつくカメムシ】

来る時と反対の行程を戻って江津本町で降りる。江津本町は江津のひとつ手前の駅で、本町と名乗ってはいるが秘境駅の部類に分類されている。


【町が見当たらない江津本町駅】

駅に降りると、秘境駅だけあって周囲には何もない。ホームの前は河口近くの広々とした江の川が大河の如き風情でゆったりと流れている。


【線路の向こうは江の川の雄大な流れが】

江津側にはすぐトンネルがあって、乗ってきた気動車はその暗い穴に吸い込まれて行く。

しかし、駅に沿った細い道を江津方面に向かって歩いて行くと、すぐに町が現れる。

町と言ってもひっそりとしていて人通りは無いが、かつては江津の中心部だったので、旧江津郵便局というレトロな建物が残っていて、落ち着いた古い町並みが江の川のほとりで佇んでいる。

その町並みの脇を三江線の鉄橋が通り、家々の石州瓦と江の川が一緒に撮影できるポイントがあるのをネットで発見したので早速行ってみる。

撮影ポイントは町の外れの目立たぬ場所で、細い路地を通り抜けた所から階段で上がった所にある、山際の擁壁の上にある5,60センチくらいの細いわずかばかりの平坦な場所なので、撮影に気を取られていると落下する恐れがあるので足下をしっかり確認する。


【擁壁から見える風景 パノラマで撮影】

やがて、429D列車が江津を発車する15時15分になったので左手にビデオカメラ、右手にカメラを構えて待ち構えていると、ゴトゴトと列車の音が聞こえてくる。

足下を何度も確認しながら列車が眼前を通過する瞬間をビデオカメラで追いながら、右手のカメラのシャッターを切る。

カシャカシャとなるシャッター音がビデオカメラに残るので、コンデジかiphoneにすれば良かったと後悔したが後の祭りだ。

しかも、画像は若干斜めに写っているのでイヤになる。


【三江線と石州瓦と江の川】

擁壁を降りて町並みを散策すると、旧江津郵便局のハイカラな洋風建築や大きなお屋敷、寺社仏閣が散見されて、かつては江津の中心部だったことが偲ばれるが、今はひっそりとしている。

町並みを見下ろしながら通る三江線の鉄橋を下から見上げながら通ると、江の川の堤防に出る。

江の川の堤防からは江の川の滔々とした流れ、江津本町の町並み、三江線の鉄橋が見渡せる。

堤防沿いをそのまま歩いて山陰本線の鉄橋の所を左に曲がって歩くと、堤防から約10分ほどで江津駅に辿り着く。

江津駅の場所を確認して、急いでホテルにチェックインして荷物を置いて駅に戻り、16時33分発の浜原行きを待つ。

先ほどの江津本町の町並みを列車から前面にかぶりついて見るために、江津本町まで一駅だけ乗るのだ。

浜原行きがホームに入線して乗り込むと、他には誰もいない。

三次発の424Dは混雑しているというのに、この列車が本来の三江線そのもののガラガラなのは、浜原で三次行きに乗り換えても浜原から先は暗い中を走って景色が見えないからだと思う。

せっかく乗りに来たのに、景色が見えないのでは意味がない。

しかし、松江方面から特急列車が到着すると10人ちょっとくらいは乗ってきたから、少しは賑やかになって定刻発車。

今度は車両の先頭に立ち、前面展望を楽しむ。

山陰本線から分かれたレールは藪の中、住宅街を通り江の川ぞいの道を並走して、江津本町の町中では鉄橋を走り、右は町を左は江の川を望む景色の良い場所をあっという間に通り過ぎ短いトンネルを通過すると江津本町駅に着く。

江津本町で後ろ髪を引かれる思いで降りて、列車を見送ると、再び江津本町の町中を写真を撮りながらゆっくりと通りホテルに戻る。

駅やホテルの近辺にはスーパーはおろかコンビニすら無いので、10分ほど歩いた所にあるゆめタウンという複合商業施設に向かう。

ゆめタウンにはスーパーやモスバーガーがあり、道の向こうにはローソンまである。至れり尽くせりだ。

スーパーで刺身を、モスバーガーでモスチキンを、ローソンで焼き鳥やビール等を購入してホテルに戻り、大浴場の温泉に浸かってから夕食を食べる。

スーパーで買った刺身は地元産だから気分的にさらに美味しく感じられる。


【浜田産いさきと島根県産ばとう】

その土地の物を食べるのも、旅先の楽しみだ。

時間と金銭的余裕が無いとコンビニで誤魔化すこともあるけれど。

翌日の始発は朝5時53分発なので4時には起きないといい席には座れそうにないので食事もそこそこに眠ることにする。



JUGEMテーマ:鉄道


車窓への旅〜三江線廃止前の晩秋の旅1/3〜厳島神社と広島

廃線正式決定後の駆け込み需要で混雑しているという三江線。

夏前から計画を練って閑散期の11月を狙っていたら、夏休みや夏期の青春18切符期間終了後も混雑は緩和せず、団体ツアーまで投入されて混雑に拍車がかかっているとの情報が次々とネットに上がる。

それでも、10月の行楽シーズン、11月初めの三連休を外せば多少はマシになるかと思い、11月11日(土)〜13日(月)という行程を組んで、飛行機とホテルの手配をして、細かい計画を練ることにした。

計画を練りながら、ネットで毎日三江線の状況を確認していると、日程に向けて混雑が緩和されるどころか、11月に入ったらなおさら酷いことになって、途中駅では積み残しが発生する事態だという。

それもこれも、旅行会社が話題の三江線をツアーに入れて集客しているからで、ツアー客の主力は休日も平日も関係ない老人だから、平日と言えどというより、平日を狙って行程をブチ込んでくるから、曜日に無関係に満遍なく混んでしまうのだ。

二泊三日の行程は、空路で広島に入り、初日は広島泊、2日目広島始発の芸備線で三次に向かい、早い段階から三次駅のホームで並び、三次10時2分発424D列車石見川本止まり12時18分着で、石見川本始発13時45分江津行きの接続列車に乗り換え江津泊、3日目は江津始発5時52分423D列車で終着の三次で芸備線に乗り換えて広島から羽田という計画を立てた

が、直前になって、2日目の三次発424D列車が、江津から来る423D列車の乗客が折り返し乗車をするために座れないという情報が出てきた。
座れないのは困るが、424Dに乗らないと計画が頓挫する。さて、どうしたもんかと悩むが、解決案は先に延ばして、とりあえず行くしかない。

11日土曜日、昼過ぎに羽田を飛び立ったANA679便が広島空港に定刻14時45分に到着すると、足早にするすると人波をかき分けてバス乗り場へ向かい、15時ジャストの広島駅新幹線口行きへのバスに間に合わせる。

これに乗れないと、厳島神社の参拝時間が少なくなるので安堵するが、広島発16時ジャストの宮島口へ向かう山陽本線が混んでたので16時12分発の快速にする。広島では12分の差も、宮島口ではそれぞれ28分着と32分着で4分の差に縮まるのでさほど影響は無い。
宮島航路は15分間隔で、16時40分に出航し、約10分で宮島に着く。
宮島の桟橋から厳島神社まで約10分の道のりを写真を撮りながらのろのろ歩いたので、厳島神社の拝観入口にたどり着いたのが17時5分。


【厳島神社の鳥居 陽は沈みかけている】

この時期の拝観は17時半までなので何とか間に合う。
参拝と拝観、御朱印をいただいて足早に出口に出るとちょうど17時半くらいで、陽も落ちる頃合いだった。

海上に浮かぶ鳥居はライトアップされ、海沿いの道は鈴なりになった観光客が写真を撮っている。


【ライトアップされた鳥居】

ゆっくりと観賞したいけれど、明朝は早く出なければならないので、明るく連なる参道の土産物屋を横目に暗い海沿いの道を急ぐいでフェリー乗り場へと急ぐ。


【土産物屋も店仕舞いの時刻】

時刻は既に17時45分を周っていたが、次の55分の出航には余裕で間に合った。

ライトアップされた鳥居が遠ざかり、暗い瀬戸内海を進むとすぐに宮島口の桟橋に着く。
急いで駅に向かうと時刻は18時過ぎ。

18時29分発の広島方面行きに乗って18時50分広島着。

駅近くのホテルにチェックインして、中心街のユニクロで寒さ対策のVネックセーターを買い、コンビニで晩飯を買い込んでホテルに戻ると20時半。

広島駅で買い込んだ、かきめしとコンビニで買った焼き鳥と炭火焼き鳥まんと餃子まんで晩酌を済ませ、大浴場でゆっくり入浴していたら、既に22時を回る。


明日の旅程に妙案も浮かばないまま先延ばしにしていたが、考え抜いて三次発424Dを泣く泣く諦めて、反対方向の浜田始発425Dに乗って、ギリギリ江津に戻れる因原で折り返す事にした。

本当はひとつ先の石見川本まで行きたかったが、江津行き424Dは橋を渡った反対側のホームから13時45分に発車、こちらの425Dは石見川本に13時43分に到着する。

しかも、13時43分と言っても、13時43分45秒かもしれないし、424Dは反対方向から来る425Dの乗客を待つ義理もないから、ちょっとでも425Dが遅れたらアウトだろう。

というわけで、2日目は広島から新山口まで新幹線、新山口から浜田まで特急スーパーおき2号を乗り継ぎ、浜田発11時53分425Dに計画を変えることにした。

 


熱海の来宮神社の祭礼と河津のわさび丼2017/07/16〜17(2/2)

宿に対する不思議な気分を抱えたまま一夜を過ごしたが、レストランからの相模湾の素晴らしい眺望と大好きなトロロで、爽快な朝を迎えて河津へと向かう。


【レストランからの眺めとトロロが素晴らしい】

熱海発9時6分の伊豆急下田行きに乗って河津に10時19分に到着する。
河津から10時40分発のバスに乗って河津七滝に11時5分に到着し、わさび丼の店かどやに向かうと既に多くの人が待っている。


【踊り子のイラストが目印のかどや】

それでも、10分ちょっとの待ち時間で席に通されたので、タイミングは良かったのかもしれない。


【わさびがいっぱい】


【店内の様子】

注文は僕はわさび丼とざるそばのセット、妻はわさび丼を頼むと、早速生わさびが提供されて、事前にわさびをおろさなければならない。


【わさびが一本付いてくる】

わさびは丸々一本付くので、これをおろすのも大変な作業だ。
わさび丼が到着すると、セットのわさび丼は単品のわさび丼に比べて少し少ない。これは大失敗だ。
わさび丼をメインに食べるなら、単品のわさび丼を頼んで、ソバは別にするべきだった。


【手前がセット、奥がわさび丼単品】

ソバは美味しいしわさび丼ももちろん美味しかったのだけど、やっぱり物足りない。
席が空くのを待っている人もいるので、わさび丼を追加するのも躊躇われるので、次回また来ることを楽しみにして、後ろ髪を引かれつつも食事を終える。


【ゴローさんはここで食べた】

河津七滝は前にも来たことがあるけれど、せっかくだから伊豆の踊子像のある初景滝(しょけいだる)まで往復する。
ここの道は、ゴローさんもドラマ内で観光した所で、かどやからも往復で30分くらいで行けるので腹ごなしには丁度いい。


【踊り子像がある初景滝】

途中には風鈴が飾られている所があり、涼やかな音色に癒される。

バスの時間を気にしつつバス停に戻ると12時18分で、12時38分発の河津行きに余裕で間に合う。
河津には13時2分に到着し、18分発の特急踊り子108号に乗って帰宅の途に着いた。


JUGEMテーマ:伊豆でしょ!




熱海の来宮神社の祭礼と河津のわさび丼2017/07/16〜17(1/2)

YouTubeで昔の孤独のグルメを見ていたら、伊豆急行のリゾート21にゴローさんが乗っている。
快晴の東伊豆海岸線を、海に向いた特等席でくつろぎながら眺めているご満悦なゴローさんを見ていると、伊豆に行きたくなる。


【ゴローさんも見ていた東伊豆海岸線】

ゴローさんは河津で降りて商談に向かい、ついでに河津七滝を観光する。
いくら、ドラマのロケとはいえ、スーツで観光するゴローさんの違和感といったら実に半端ない。

しかし、よくよく思い出したら、自分も営業で観光地に行ったことは何度となくある。
スーツで、伊香保温泉や天津小湊なんてとこまで行った。
もちろん、せっかくなので観光する。
しかも、おっさん2人で。
何が悲しくて、スーツ姿のおっさん同士で観光せにゃならんのか?と疑問はフツフツと湧いてくるが、それでもちょっと楽しいんだから仕方ない。
お互い、相手がおねえちゃんだったらなあという言葉を飲み込んで。

とまあ、自分のことはどーでもよろしい。
んで、ゴローさんはお約束通り腹が減る。
腹が減るが、観光地だから何を食べるのかと思えば、

わさび丼

なのだ。

わさび丼とはいかなるものかというと、自分でわさびをせっせとサメ皮でおろして、かつお節の乗っかったご飯にぶっかけて食べるというシンプルなもの。

ゴローさんはあまりの美味さに、思わずもう一杯頼んでしまう。
これはシンプルだけど、相当美味しそうだ。
ぜひ食べたいと思って検索をかけてみると、繁忙期は1時間以上並ぶこともあるという。

河津の回が放映されて、既に3年経とうというのにこの人気。

これは食べに行かずにはおれない。
よし行こうと、熱海のホテルを予約していた7月16日にしようと思ったものの、早い時間に行かないと待ち時間も長くなりそうなので、熱海に泊まる翌日の月曜日祝日に行くことにした。

7月16日午前11時、東京駅発スーパービュー踊り子5号の1号車の展望席を確保したので、当然のように用もないけど伊豆急下田まで行く。


【東京駅に入線するスーパービュー踊り子号】

快晴とはいかないけれど、そこそこの晴れに恵まれ、スーパービュー踊り子5号は快走する。
国府津で海が見え旅情が高まってくると、小田原を通過し熱海までは山の中腹の高い所から海を見下ろすように走り、半分くらいはトンネルに吸い込まれる。
熱海の賑わいを後に伊東まで走ると、ヤシの木とサンハトヤに出迎えられる。
伊豆高原、伊豆熱川と過ぎ、片瀬白田を通過すると、ゴローさんが満足げに眺めていた東伊豆海岸線を走る。
海はすぐ目の前で、波打ち際近くを走るから眺めは最高だ。
快晴なら伊豆七島の島々も見える。
東伊豆海岸線を過ぎると伊豆稲取、ゴローさんの降りた河津と過ぎ、10分ほどで終着の伊豆急下田駅に13時32分に着く。


【東京ー伊豆急下田間全線の前面展望動画】

伊豆急下田に着いて出口を出ると、その足ですぐに入口に向かい、13時51分発の熱海行きに乗って同じ風景を逆に辿り、15時42分に来宮に着く。

最初っから熱海で普通列車に乗り換えればひと駅目なのに、わざわざ伊豆急下田まで行って戻ってくるとはワケがわからないかもしれないが、なかなか取れない先頭の展望席をフルに楽しむためには仕方のないことなのである。

そんなこんなで、逆戻りして来宮駅で降りると、第一の目的地来宮神社の例大祭の御神幸行列がちょうど通りかかる。
この日に祭礼があることは知らなかったので、祭礼にかち合うとは運が良いと、気楽に行列について行ったら、天狗の面を被った氏子さんが何かを撒いている。


【来宮駅前で丁度出くわす】

後で調べたら、焦がしたきな粉を撒いていて、このきな粉が身体に当たると無病息災、身体健康となるとのこと。
駅前の細い道を少し歩き、東海道本線のガード下をくぐって約400メートルで来宮神社の鳥居前に到着。
祭礼の行列はそのまま鳥居をくぐって神社に入って行く。
鳥居をくぐると両脇は緑が瑞々しい竹林が現れる。


【古代の日本もこんな感じだったのかな?】

緩やかな坂を進み石段を登ると来宮神社の本殿の前に到着。
御神幸行列の主役の厄年を迎える男性諸氏の挨拶が行われ境内は盛り上がる。
挨拶終了後、祭礼の熱気冷めやらぬ賑やかな境内を進み参拝する。

参拝後、樹齢二千年という大楠を見に行く。
この大楠は日本屈指のパワースポットとのことで、この大楠を一周すると一年寿命が延び、願い事が叶うといわれる。

確かに、この大楠の偉容はただならぬもので、来宮神社を含め、この近辺の空気は澄んでいるように感じられる。

一周しようとすると巫女さんがやって来て、大楠の前に設置されている御賽銭箱から御賽銭を回収してゆく。
神社の境内とはいえ、巫女さん一人で無防備な気もするが、パワースポットだから大丈夫なのかもしれない。

御賽銭回収とかパワースポットとか、ちょっと生臭いワードを頭から追い払い、大楠の周りを一周すると、改めて大楠の大きさに圧倒される。
周り終えてから、もう一度振り返ってその大きさに抱かれると、充実した気に満たされるような気がする。


【大楠と御賽銭箱】

想像以上に心が満たされる大楠を後にし、社務所にお邪魔して御朱印を頂きに行く。
今までは御朱印を頂くということを気にもしなかったが、妻が御朱印を集めていることに触発されて、ついに御朱印帳を購入して御朱印を頂くことに。
初めて頂く御朱印をじっくりと拝見して、その有り難みを胸に抱いて、来宮神社の参拝を終える。

来宮神社からは、道なりにぶらぶらと歩いて熱海駅方面に向かうと、変な喫茶店に出くわす。

喫茶店の名前はプリン亭といい、店の前に独特なイラストの看板がある。
誰がどう見ても、安倍首相の似顔絵だろっ!てイラストとアンミカっぽい女性のイラストが描かれていて、プリン亭って文字は楳図かずおの漫画みたいなおどろおどろした字体で書かれている。


【どう見ても安倍首相の似顔絵】


【どう見てもアンミカ】

通りすがりの人達は笑いながらプリン亭の看板を見ているが、中に入っていく勇気がある奴はいない。
俺は入りたいんだけど、ホテルのチェックインの時間があるからな。今日はこの辺で勘弁してやる!
今度、また来るからな、覚悟しとけよ!と心に誓いながらプリン亭を後にする。

プリン亭から熱海駅まで10分ちょっと歩いて、バスに乗って今宵の宿かんぽの宿別館に行く。


【駅は新しくなったけど昔の駅が良かったなあ】

しかし、かんぽの宿別館は何年か前に一度来ていたのに、何かが違う。
違和感を感じつつ、ロビーから部屋に行って窓の外を眺めると、下に見える本館が昔泊まった別館のように見える。
ホームページの写真を見ても今の本館が昔の別館のように思える。


【眺めは最高。しかし、下の建物が昔泊まった別館のような気がする。】

しかし、ネットで検索してもよくわからない。
狐につままれたような変な気分で一夜を過ごすが、別に宿に対する不満はない。
ただ、昔泊まった部屋の方が圧倒的に良かったけれど。

JUGEMテーマ:伊豆でしょ!


どんなお味噌汁が好き?

定番通りの、豆腐と根深ネギと油揚げの味噌汁。

もしくは、ジャガイモとワカメの味噌汁。

学校から帰った時に、冷たくなったご飯に味噌汁をぶっかけて、大岡越前の再放送を見ながら食べるのが好きだった。

んーんんんー
んんんんんーんんー

どんなお味噌汁が好き?


<< | 2/60PAGES | >>