calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives








お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
予想ネットで無料でポイントをためて現金やギフトコードに交換しよう

早春の伊豆2018〜河津桜、雛のつるし飾りと熱川の源泉(2/2)

朝起きて晴れていたら、朝食後に日野(ひんの)の菜の花畑を見に行こうと予定していたが、あいにくの曇り空で遅めに宿を後にする。


【バスを待つ間に弓ヶ浜を散策する】

伊豆急下田行きのバスに乗って5分くらい経つと左側に日野の菜の花畑が広がる。
皮肉にもこの時間になったら天気が回復して、散策日和になっている。
残念ながら、時間には多少の余裕はあったが、荷物があるのでそのまま下田に向かう。

伊豆急下田からは伊豆熱川に向かい、源泉と温泉街と浜辺を散歩しに行く。

伊豆急下田から乗った電車はキンメ電車で一番後ろの席に座り、後方に流れて行く景色を見ながら熱川を目指す。
キンメ電車が河津に着くと、今日も大勢の花見客が降りて行く。
満員だった後方展望車の車両は自分達以外全員降りる。
花見客でごった返す河津を後にして伊豆稲取に着くと、ここも多くの乗客が降りて行く。
伊豆稲取を発車してトンネルを過ぎると減速して素戔嗚神社の様子を見せてくれるが、朝10時の早い時間で昨日より多くの観光客が訪れている。
昨日、稲取温泉に泊まった観光客だと時間的に丁度いいからだろう。

素戔嗚神社を過ぎ、伊豆急行一の景観を誇る東伊豆海岸線を走る。
午前の光を浴びた相模湾が眩しいくらいに光って流れて行く。
伊豆熱川に着くと、駅前の源泉は相変わらずもくもくと煙を上げている。
キンメ電車を降りて、キンメ電車が発車するシーンを撮ろうと待っているとスーパービュー踊り子が入線してくる。
キンメ電車とスーパービュー踊り子の列車交換と源泉と温泉街の町並み、遠くに見える海が全部撮れるチャンスなので、もちろん全部撮る。


【キンメ電車とスーパービュー踊り子の行き違い】

駅から出て、早速駅前の源泉に行くと満開の桜も出迎えてくれる。


【駅前の源泉と桜】

隣の観光案内所で熱川の地図をもらって、駅前の道を歩いて行くと、煙だけではなく源泉の飛沫を盛大に上げている源泉塔がある。
前にある説明書きを読むと岩崎源泉とある。


【岩崎源泉の説明書き 右上に飛沫が飛んでる】

源泉塔は車道の、脇にあるので車に注意しながら写真を撮っていると、飛沫が飛んでくるので這々の体で逃げ出して温泉街に向かい、お湯かけ弁財天に行く。

お湯かけ弁財天は金運アップに恋愛成就という至れり尽くせりのパワースポットで、既に若いカップルを含めて何人かいた。

弁天様にお参りしたり、硬貨をお湯で洗ったり、温泉玉子を茹でたりと盛りだくさんなのだが、玉子を観光案内所まで戻って買わなきゃいけないのは、とっても面倒くさいので、温泉玉子は諦めて金運アップに専念する。
五百円硬貨をお湯かけすると、源泉は100度なのでとても熱い。


【500円硬貨は欲深いだろうか?】

熱い分、金運にも相応の効果が期待できるのだろうと言い聞かせて、ぶらぶらと町中を彷徨うと、食堂やら射的やらと観光客のハートを掴む施設が続く。


【射的の文字が懐かしい】

そのまま道なりに歩いて行くと砂浜に出る。
砂浜の名前を検索すると、熱川YOU湯ビーチという、思わず行政関係の責任者を吊るし上げたくなるような名前でイラっとする。
しかし、そんなイラっとする名称の砂浜は実に美しく、その割には人は少ない。
こんな素晴らしい砂浜が春先のこの季節に人混みに邪魔されずのんびりと過ごせるなんて奇跡のようにも思える。
防波堤にはのんびりと釣り糸を垂れる人が数名と、音楽を聴きながら海を眺めている若者が景色の中に埋もれ、砂浜も小さな子供がはしゃいでいる。


【美しい浜辺だが名前はイラっとする】

穏やかに揺れる春の海を後に伊豆熱川から伊豆急下田に戻り、食事を取ろうとネットで確認したラーメン屋さんに行こうとすると閉まっている。
14時までは開いているという情報を信じたら13時過ぎに閉まっている。
本当は恐怖のとんかつ屋「とんかつ一」に行きたかったが、今回は残さずに食べる自信が無かったので、軽くラーメンにしようと思ったらこれだ。
がっかりして、ジャズの流れる喫茶店に行くことにしたら、これまた閉まっている。
ネット情報に振り回されウンザリしたものの、ここはやっぱりいつものシャンソンの流れる喫茶店邪宗門に行くことにして、ピザトーストを頬張る。


【なまこ壁の外観が下田らしい】


【雰囲気のある店内】


【ピザトーストとアイスコーヒー】

毎度お馴染みのしょーもないSEXY BABYなんて落書きを眺めて、しばらく落ち着いてから伊豆急下田駅に戻る。
13時時点で駅弁もほとんどないという、観光客泣かせの売店でビールを買って踊り子に乗り込むと、帰りの指定席も満席だとアナウンスが流れる。

帰りもまた、美しい相模湾の海を眺めながらビールを飲むと、気がつけば春の陽気に誘われて伊東から熱海まではうたた寝し、小田原から大船までは熟睡してしまう。

踊り子が都心に近づけば近づくほど伊豆が恋しくなる。
次はGWに行けるかな?

JUGEMテーマ:伊豆でしょ!



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック