calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

categories

archives








お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
予想ネットで無料でポイントをためて現金やギフトコードに交換しよう

車窓への旅〜三江線廃止前の晩秋の旅1/3〜厳島神社と広島

廃線正式決定後の駆け込み需要で混雑しているという三江線。

夏前から計画を練って閑散期の11月を狙っていたら、夏休みや夏期の青春18切符期間終了後も混雑は緩和せず、団体ツアーまで投入されて混雑に拍車がかかっているとの情報が次々とネットに上がる。

それでも、10月の行楽シーズン、11月初めの三連休を外せば多少はマシになるかと思い、11月11日(土)〜13日(月)という行程を組んで、飛行機とホテルの手配をして、細かい計画を練ることにした。

計画を練りながら、ネットで毎日三江線の状況を確認していると、日程に向けて混雑が緩和されるどころか、11月に入ったらなおさら酷いことになって、途中駅では積み残しが発生する事態だという。

それもこれも、旅行会社が話題の三江線をツアーに入れて集客しているからで、ツアー客の主力は休日も平日も関係ない老人だから、平日と言えどというより、平日を狙って行程をブチ込んでくるから、曜日に無関係に満遍なく混んでしまうのだ。

二泊三日の行程は、空路で広島に入り、初日は広島泊、2日目広島始発の芸備線で三次に向かい、早い段階から三次駅のホームで並び、三次10時2分発424D列車石見川本止まり12時18分着で、石見川本始発13時45分江津行きの接続列車に乗り換え江津泊、3日目は江津始発5時52分423D列車で終着の三次で芸備線に乗り換えて広島から羽田という計画を立てた

が、直前になって、2日目の三次発424D列車が、江津から来る423D列車の乗客が折り返し乗車をするために座れないという情報が出てきた。
座れないのは困るが、424Dに乗らないと計画が頓挫する。さて、どうしたもんかと悩むが、解決案は先に延ばして、とりあえず行くしかない。

11日土曜日、昼過ぎに羽田を飛び立ったANA679便が広島空港に定刻14時45分に到着すると、足早にするすると人波をかき分けてバス乗り場へ向かい、15時ジャストの広島駅新幹線口行きへのバスに間に合わせる。

これに乗れないと、厳島神社の参拝時間が少なくなるので安堵するが、広島発16時ジャストの宮島口へ向かう山陽本線が混んでたので16時12分発の快速にする。広島では12分の差も、宮島口ではそれぞれ28分着と32分着で4分の差に縮まるのでさほど影響は無い。
宮島航路は15分間隔で、16時40分に出航し、約10分で宮島に着く。
宮島の桟橋から厳島神社まで約10分の道のりを写真を撮りながらのろのろ歩いたので、厳島神社の拝観入口にたどり着いたのが17時5分。


【厳島神社の鳥居 陽は沈みかけている】

この時期の拝観は17時半までなので何とか間に合う。
参拝と拝観、御朱印をいただいて足早に出口に出るとちょうど17時半くらいで、陽も落ちる頃合いだった。

海上に浮かぶ鳥居はライトアップされ、海沿いの道は鈴なりになった観光客が写真を撮っている。


【ライトアップされた鳥居】

ゆっくりと観賞したいけれど、明朝は早く出なければならないので、明るく連なる参道の土産物屋を横目に暗い海沿いの道を急ぐいでフェリー乗り場へと急ぐ。


【土産物屋も店仕舞いの時刻】

時刻は既に17時45分を周っていたが、次の55分の出航には余裕で間に合った。

ライトアップされた鳥居が遠ざかり、暗い瀬戸内海を進むとすぐに宮島口の桟橋に着く。
急いで駅に向かうと時刻は18時過ぎ。

18時29分発の広島方面行きに乗って18時50分広島着。

駅近くのホテルにチェックインして、中心街のユニクロで寒さ対策のVネックセーターを買い、コンビニで晩飯を買い込んでホテルに戻ると20時半。

広島駅で買い込んだ、かきめしとコンビニで買った焼き鳥と炭火焼き鳥まんと餃子まんで晩酌を済ませ、大浴場でゆっくり入浴していたら、既に22時を回る。


明日の旅程に妙案も浮かばないまま先延ばしにしていたが、考え抜いて三次発424Dを泣く泣く諦めて、反対方向の浜田始発425Dに乗って、ギリギリ江津に戻れる因原で折り返す事にした。

本当はひとつ先の石見川本まで行きたかったが、江津行き424Dは橋を渡った反対側のホームから13時45分に発車、こちらの425Dは石見川本に13時43分に到着する。

しかも、13時43分と言っても、13時43分45秒かもしれないし、424Dは反対方向から来る425Dの乗客を待つ義理もないから、ちょっとでも425Dが遅れたらアウトだろう。

というわけで、2日目は広島から新山口まで新幹線、新山口から浜田まで特急スーパーおき2号を乗り継ぎ、浜田発11時53分425Dに計画を変えることにした。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック