calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

categories

archives








お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
予想ネットで無料でポイントをためて現金やギフトコードに交換しよう

軍艦島で巨大廃墟群を見学する(1/4)〜長崎

四、五年前までは、一部の廃墟マニアくらいにしか知られていなかった軍艦島は、テレビ局に目を付けられるわ、映画やプロモーションビデオの撮影はやらかすわで、今や日本国民誰もが知る存在となってしまったおかげで、そのうちゆっくり見に行こうと思っているうちに、クルーズ船や旅行会社の予約が取りづらい人気観光地になってしまった。

しかも、よせばいいのに世界遺産登録なんかしたもんだから、注目度はさらに高まってしまい、旅行会社もバンバン押し寄せて来るもんだから、軍艦島への道程は遠ざかる一方なのだ。
う〜ん、余計なことしやがって、、、

その上、軍艦島に残っている廃墟群は、風雨や海水に曝されるがままになっているので、崩落や倒壊の危険も高まって、近い将来には再び上陸禁止になるのではないかと言われているので、行けるうちにとっとと行ってしまうことにした。

というわけで、2015年9月の予約を取って軍艦島に行くことにしたが、旅行会社のツアーなので余計なオプションに付き合わされる羽目になってしまった。

羽田から約1時間半で到着した福岡空港で待ち受けていた添乗員さんに促されて乗った観光バスは、長崎へ向かう途中に武雄温泉楼門やら、諫早のカステラ屋やらに寄って、長崎市内の宿に向かう予定だったが、思いのほか時間が早かったため、急遽、眼鏡橋観光を付け足してから、宿へと向かった。
こんなことなら、真っ直ぐ長崎に向かって早く着いた分自由行動にしてくれたらと思ったが、そこは旅行会社の思惑がいろいろあるのだろう。面倒だなあ。

雨の羽田
【羽田は雨だった】

武雄温泉楼門
【武雄温泉楼門】

武雄温泉楼門は身も蓋もない言い方だが、特にどうということもないところだった。
わざわざ寄るには中途半端なとこ。
ツアー客の興味も薄い。

眼鏡橋
【眼鏡橋】

眼鏡橋はさすがに名が売れてるので観光客は多い。
特に、「ナニコレ珍百景」で紹介されたハートの石が若いカップルに人気で、漏れなく記念写真を撮っていた。

ハートの石
【ハートの石は若いカップルに大人気】

眼鏡橋から宿へと向かうバスは市電沿いに走り、市電が尽きたところから山へ向かって登り出し、山の頂上へと着いた。するとそこが今宵の宿の矢太樓だった。

矢太樓は風頭山という山の頂上に展開している宿で、そこからの夜景の眺望が素晴らしい。
長崎の夜景と言えば稲佐山が有名だけど、風頭山からの眺望もなかなか美しいのだ。

長崎の夜景は函館と神戸とともに日本三大夜景と言われ、昔は「百万ドルの夜景」と言っていたが、最近は「一千万ドルの夜景」と言い張っているというから、ボッタクリじゃなくて、ド厚かましいじゃなくて、え〜と、、、美しさの価値が十倍も上がっちゃったというわけですね。

まあ、百万ドルでも一千万ドルでもともかく、夜景の美しさは格別なのだが、夕暮れ時に長崎湾の向こうに沈んでいく夕陽が、湾内の海を照らして金色に輝くさまは見応え充分なので、刻一刻と変化していく空と海の色は見逃せない。


【矢太樓から撮った長崎の夕景】

長崎一の夜景スポット稲佐山は海を挟んで反対側になるので、夕陽の沈む様は見ることができないから、黄昏時は矢太樓か近くの風頭公園からの眺めを、夜景は稲佐山に移動するというのが贅沢なプランだと思う。
ただ、移動はけっこう面倒くさいかもしれない。

ツアーの初日は長崎の夜景で締めくくり、翌日の軍艦島クルーズに期待を寄せてこの日は終了。

続く。


JUGEMテーマ:廃墟

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック