calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

categories

archives








お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
予想ネットで無料でポイントをためて現金やギフトコードに交換しよう

心霊スポット風派出所〜浅草

浅草の浅草寺境内に廃墟系心霊スポット風派出所がある。

廃墟系心霊スポット風派出所は浅草警察署の観音前警備派出所というレッキとした派出所なのだが、どうやら警察官が詰めているのは日中だけらしく、夜は閉じられている。

日中に派出所を眺めてみると、浅草という土地柄にマッチしたレトロ調な趣きも感じられちゃう古びた建物で、二階の窓には格子風の枠と、屋根なんぞには申し訳程度に瓦風な物体なんかが取り付けられちゃった、お役所仕事風な匂い漂う和洋折衷的派出所として鎮座ましましやがっているのである。

観音前派出所20110806-1

「警察官」というよりも、「おまわりさん」というイメージの人が詰めていそうな柔らかい雰囲気の感じられる派出所。

観音前派出所20110806-2

青空を背景にした白い壁の派出所は平和そのもの。

トラブルが発生しても、酔っ払ったおじさんが保護されたりとか、近所の夫婦喧嘩の仲裁くらいで、凶悪な事件とは縁がなさそう。

観音前派出所20110806-3

城下町とか小京都辺りの観光地にあっても違和感のない佇まい。

どこかの観光地ではこの系統の建物のトイレを見かけたような気もする。

観音前派出所20110730

そんな下町人情風派出所も夜に訪れると穏やかな日中とは様相は一変し、おどろおどろした不気味な雰囲気を醸し出して、廃墟系心霊スポット風の佇まいにも見えないこともない。

しかし、画像ではそんな不気味な雰囲気の派出所も、実際の現場はそれなりに人出があるので、チューハイ片手にうろついてるオッサンや、がやがやしたグループや、心理戦を展開しているカップルのおかげで、ピンポイントで派出所を見ない限り「心霊スポット」的な気分を味わえないという難点もあるのであるが、あくまで「廃墟系心霊スポット風派出所」という視点で楽しむことが肝要な気がするのである。

もっとも、浅草寺境内ということを考えれば雰囲気を味わうのもいい加減にしないと罰が当たりそうなので注意に越したことはないだろう。

JUGEMテーマ:日記・一般



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック