calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

categories

archives








お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
予想ネットで無料でポイントをためて現金やギフトコードに交換しよう

サントリーホールの「トマソン煙突」〜旧麻布谷町(赤坂&六本木)

ベストセラー「老人力」の作者として名高い赤瀬川原平畢生の路上芸術探検ルポの傑作、

「超芸術トマソン」

の中に本題を差し置いて、強烈な印象を放つ

「ビルに沈む町」

という、アークヒルズ誕生前の麻布谷町を取りあげた一節がある。

「ビルに沈む町」とは、アークヒルズへと再開発されるために森ビルに買い占められて廃墟化していった麻布谷町の家屋群が取り壊される直前の様子を、半分は野次馬的興味本位、半分は消えゆく町へのオマージュとして取り上げたものであるが、その「ビルに沈む町」の中でカメラマンの飯村昭彦が撮影した、取り壊された銭湯「天徳湯」に唯一残された煙突の写真がある。

「ビルに沈む町」での飯村昭彦の「煙突写真」はあまりにも衝撃的で、

煙突の頂上でできるだけ伸びあがって自分の体を一緒に写している写真や、

一脚に取り付けた魚眼レンズで煙突の頂上に立つ自分自身を写した写真

が撮影されているのであるが、奇しくもその「煙突写真」の煙突とほぼ同じ場所にアークヒルズ内のサントリーホールの煙突ができている(飯村昭彦写真館参照)というのは、ひょっとすると



なのかもしれない。

アークヒルズ20100417-1

写真【1】

旧麻布谷町の面影のカケラもなくなったアークヒルズ。

アークヒルズは現在の住居表示では赤坂と六本木にまたがるため、

ARKHILLSの「A」は赤坂、「R」は六本木、「K」はKnot(つなぎ目)という意味で名付けられたが

「谷町」なのに「HILLS」とは如何なものだろうか?

アークヒルズ20100417-2

写真【2】

バレエやオペラには不向きだが、無料コンサートも行われるなど芸術に関する深い理解が感じられるサントリーホール。

アークヒルズ20100417-3

写真【3】

ベルリン・フィルハーモニーをモデルにしたホールの建設に設計段階から密接に携わった、ベルリン・フィルハーモニー・オーケストラの終身指揮者だった巨匠ヘルベルト・フォン・カラヤンに因んで名付けられた「カラヤン広場」。

煙突20100417-1

写真【4】

かつての「天徳湯」の煙突と同じ場所に立つというサントリーホールの煙突。

左がサントリーホールで、右がアークヒルズの住居。

煙突20100417-2

写真【5】

蒼穹に向かい雄々しく屹立する煙突。

まさか、この煙突に向かって上って行くヤツはいないだろう。

霊南坂教会十字架20100417

写真【6】

サントリーホールの屋上部分にあたる庭園。

正面に見える十字架は霊南坂教会の十字架。

超芸術トマソンが「写真時代」に連載されていた当時は、山口百恵と三浦友和が結婚式を挙げた教会として有名だったが、当時の霊南坂教会も再開発予定地だったため、1985年(昭和60年)に50メートルほど離れた現在の地に建て替えられた。

霊南坂教会20100417-3

写真【7】

現在の霊南坂教会。

霊南坂教会20100417-2

写真【8】

桜坂の下側(西側)から十字架と一緒に写そうとすると、生い茂る桜でわかりづらくなる←腕前のせいとも言う。

霊南坂教会20100417-1

写真【9】

スペイン大使館方面(南側)から見る霊南坂教会。

屋根がキラーンと光り輝いて神々しく見える。

霊南坂教会跡地20100417

写真【10】

旧霊南坂教会礼拝堂所在地の碑が立っているのはアークヒルズ北側の桜坂寄りで写真【8】の上の歩道橋付近にある。

ここから、天徳湯の「トマソン煙突」の辺りまで石段があった。

麻布谷町階段跡

写真【11】

旧霊南坂教会から天徳湯の「トマソン煙突」への石段があった辺りの現在の様子。

緩やかなスロープがサントリーホールの屋上へと連なる。


麻布スペイン坂20100417

写真【12】

麻布谷町南側の境界にあたる「スペイン坂」。

麻布谷町が存在した当時は、ここら辺から霊南坂教会や遠く国会議事堂まで見渡せたという。

しかしながら、遠い昔に霊南坂教会も国会議事堂も森ビルのブルドーザーで解体されてしまったのであるからもの悲しい。

えっ!?国会議事堂はまだある?

じゃあ、民主党本部をブルドーザーで

一気にドドーンと、、、


麻布谷町煙突

写真【13】

「超芸術トマソン」の表紙にもなっている飯村昭彦の「煙突写真」。

赤瀬川原平曰く「馬鹿と紙一重」という最上級の褒め言葉が与えられた写真。

JUGEMテーマ:日記・一般


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック